抜けてしまった歯の変わりに人工の歯根から作るインプラント施術

裏側矯正のメリット

歯型

裏側矯正は、普通の矯正では歯の表に付けるべき矯正器具を歯の裏側に付けることで表からは矯正器具を見えにくくしながら矯正を行えるというものです。裏側矯正を得意とする歯科医であれば、一般的には矯正力が若干低下するといわれる裏側矯正でも表からの矯正と同様の結果をだすことも可能になります。歯並びを治療したいと考える方のうち、その多くが矯正器具を付けることによる見た目の変化が気になってしまい矯正へ踏み切れないという気持ちを抱えています。しかし、裏側矯正であればその問題点を解消することが可能になります。裏側矯正のメリットは外からの見た目ではわかりづらいという点以外にもあります。一般的な表からの矯正は、矯正器具の間の汚れが落としにくくなるため虫歯になりやすくなるといわれていますが、裏側矯正の場合は、歯の裏側の一番虫歯になりにくい層に矯正器具を付けることになるため比較的虫歯になりにくくなります。しかし、虫歯になりにくいといって歯ブラシをおろそかにしていいというわけではありません。また、前歯を後ろに引っ張りやすくもなります。表からの矯正に比べて前歯の矯正に対しては強い効果を発揮することができるため、前歯が出ていることを矯正したいと考える方には、表からの矯正よりも裏側矯正の方が有効になります。さらに、外食で矯正器具に食べ物が詰まってしまう可能性も低くなるため、会社の人や知り合いとの外食にも気兼ねなく行くことができます。表からの矯正と裏側矯正にはメリットもデメリットも両方あります。比較して自分に最適なものを選びましょう。